月のホテルについて

  • TOP
  • 月のホテルについて

月のホテルについて

「酒田らしさ」があふれる
コミュニティ・ホテル

人と自然が織り成すあたたかな街、酒田。
暮らしの中に融合する、人が帰りたくなる、どこか懐かしい場所。新しい”何か”を感じられる特別な場所。ここは、住む人にとっても、旅をする人にとっても、いつもとは違う、でも自分らしくいられる、サードプレイス(第三の場所)です。

ロゴデザインについて

人・モノ・コトをつなぐ
象徴的なロゴ

月のホテルを象徴するロゴマークは、「月の」部分を図案化し、ホテルスタッフがこちらへ向かってお辞儀をしているように見えるイメージに仕上げています。
ここには「月のホテル」スタッフだからできる特別な「おもてなし」、そして、ここ酒田で「地域とともに歩む私たち」の意味を込めているとともに、3つの結節点は「お客様」「地域」「スタッフ」を表しています。

ご挨拶

お客様の喜びと感動が
私たちの仕事です

弊社はこの企業理念を掲げ、今までビジネスホテル運営を主体として事業を展開してまいりました。そして、このたび酒田駅前に新ブランドとして「月のホテル」をオープンさせて頂きます。 キーワードは「Third Place(第3の場所)」
酒田で初のコミュニティホテルとしてお客様に今まで以上に感動して頂けるよう、また酒田のまちづくりの一助を担えるようなホテルにしてまいります。

代表取締役社長

白旗 夏生

お客様一人ひとりに合わせた
おもてなし

弊社では”笑顔が好きですか”を信条に掲げお客様一人ひとりのシーンに合わせたおもてなしを心掛けています。いつしか初めてお会いするお客様がリピートして下さり、常連のお客様となりそんなお客様と接する事が私の日課となっている事に喜びを感じます。「月のホテル」ブランドを一人でも多くの方に触れて頂き、月見ファンとなって頂けるよう一人ひとりのお客様に向き合い接していけたらと思います。

支配人

田中 新

会社概要

商号

所在地

資本金

従業員数

創業

設立

事業内容

事業所

役員構成

代表取締役社長

株式会社 月見

〒998-0828
山形県酒田市あきほ町650-4

3,090万円

140名

昭和41年1月28日

昭和56年7月28日

ビジネスホテルの経営

酒田・鶴岡

代表取締役社長

白旗夏生 

経営理念

お客様への心くばりを怠らず、喜びと感動の為に私達は全力を尽くします。

お客様一人一人に合った喜びと感動を私達は常に考えます。

お客様、取引先、従業員と接する際には、自分がして欲しいと思うような事を相手にしてあげられるように心がけます。

全てのお客様に関心を持ち学ばせて頂き、喜びと感動の創出に努めます。

お客様の喜びと感動の為に私達は常にチャレンジしていきます。

SDGs推進プロジェクト

「地域と共に生きる」こと

月のホテルは、コミュニティ・ホテルとして、「地域と共に生きる」ホテルでありたいと考えています。地域と共に、地域の良さを発信し、地域のブランディング力を高める。地域と共に生きることは、私たちの希望です。ヒト、モノ、コトが繋がることで、どんな未来が待っているのでしょう。今できることを始めたい、持続可能な地域となるために。近年、国連で採択されSDGsの主要課題に、月のホテルでもさまざまな取り組みを通して実践していきます。

「地域と共に生きる」こと

月のホテルでは、紙資源のリサイクルや、割り箸を極力使用いたしません。一人ひとりにできる小さなことから取り組んでいきます。限りある資源を守ること、ゴミを増やさないこと、大切に使うことから始めます。

社員向けセミナー開催

働き方についてのセミナーはもちろん、安心安定した生活のためのセミナーを開催。時には、地域の方もご参加いただけるQuality of LIfeのための講座なども今後開催してまいります。

地域の食材を守る

山形の安心安全で、本当に美味しい食材を守るため、地域の顔の見える生産者のみなさんからの食材をふんだんに取り入れています。地産地消という本来の在り方は、環境にも人にも優しい取り組みです。

地域の文化を守る

地域のお祭りや行事に積極的に参加したり、ともに作り上げることで地域のブランディングに取り組みます。その土地の文化を守る、それは「ともに生きる取り組み」でもあります。

採用情報

ここに文章が入ります…

ここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入り

宿泊予約

月のホテルについて

  • TOP
  • 月のホテルについて

月のホテルについて

「酒田らしさ」があふれるコミュニティ・ホテル

人と自然が織り成すあたたかな街、酒田。暮らしの中に融合する、人が帰りたくなる、どこか懐かしい場所。新しい “ 何か” を感じられる特別な場所。
ここは、住む人にとっても、旅をする人にとっても、いつもとは違う、でも自分らしくいられる、サードプレイス(第三の場所)です。

ロゴデザインについて

人・モノ・コトをつなぐ象徴的なロゴ

月のホテルを象徴するロゴマークは、「月の」部分を図案化し、ホテルスタッフがこちらへ向かってお辞儀をしているように見えるイメージに仕上げています。
ここには「月のホテル」スタッフだからできる特別な「おもてなし」、そして、ここ酒田で「地域とともに歩む私たち」の意味を込めているとともに、3つの結節点は「お客様」「地域」「スタッフ」を表しています。

ご挨拶

お客様の喜びと感動が私たちの仕事です

弊社はこの企業理念を掲げ、今までビジネスホテル運営を主体として事業を展開してまいりました。そして、このたび酒田駅前に新ブランドとして「月のホテル」をオープンさせて頂きます。 キーワードは「Third Place(第3の場所)」
酒田で初のコミュニティホテルとしてお客様に今まで以上に感動して頂けるよう、また酒田のまちづくりの一助を担えるようなホテルにしてまいります。

代表取締役社長 白旗夏生

お客様一人ひとりに合わせたおもてなし

弊社では”笑顔が好きですか”を信条に掲げお客様一人ひとりのシーンに合わせたおもてなしを心掛けています。いつしか初めてお会いするお客様がリピートして下さり、常連のお客様となりそんなお客様と接する事が私の日課となっている事に喜びを感じます。「月のホテル」ブランドを一人でも多くの方に触れて頂き、月見ファンとなって頂けるよう一人ひとりのお客様に向き合い接していけたらと思います。

支配人 田中 新

酒田市初のコミュニティホテルとして、お客様をおもてなしする従業員インタビューです。

会社概要

商号株式会社 月見
所在地 〒998-0828
山形県酒田市あきほ町650-4
資本金3,090万円
従業員数140名
創業昭和41年1月28日
設立昭和56年7月28日
事業内容ビジネスホテルの経営
事業所酒田・鶴岡
役員構成代表取締役社長
代表取締役社長白旗夏生

経営理念

お客様への心くばりを怠らず、喜びと感動の為に私達は全力を尽くします。

お客様一人一人に合った喜びと感動を私達は常に考えます。

従業員と接する際には、自分がして欲しいと思うような事を
相手にしてあげられるように心がけます。

全てのお客様に関心を持ち学ばせて頂き、喜びと感動の創出に努めます。

お客様の喜びと感動の為に私達は常にチャレンジしていきます。

SDGs推進プロジェクト

「地域と共に生きる」こと

月のホテルは、コミュニティ・ホテルとして、「地域と共に生きる」ホテルでありたいと考えています。
地域と共に、地域の良さを発信し、地域のブランディング力を高める。地域と共に生きることは、私たちの希望です。ヒト、モノ、コトが繋がることで、どんな未来が待っているのでしょう。今できることを始めたい、持続可能な地域となるために。近年、国連で採択されSDGsの主要課題に、月のホテルでもさまざまな取り組みを通して実践していきます。

「地域と共に生きる」こと

月のホテルでは、紙資源のリサイクルや、割り箸を極力使用いたしません。一人ひとりにできる小さなことから取り組んでいきます。限りある資源を守ること、ゴミを増やさないこと、大切に使うことから始めます。

社員向けセミナー開催

働き方についてのセミナーはもちろん、安心安定した生活のためのセミナーを開催。時には、地域の方もご参加いただけるQuality of LIfeのための講座なども今後開催してまいります。

地域の食材を守る

山形の安心安全で、本当に美味しい食材を守るため、地域の顔の見える生産者のみなさんからの食材をふんだんに取り入れています。地産地消という本来の在り方は、環境にも人にも優しい取り組みです。

地域の文化を守る

地域のお祭りや行事に積極的に参加したり、ともに作り上げることで地域のブランディングに取り組みます。その土地の文化を守る、それはともに生きる取り組みでもあります。

採用情報

ここに文章が入ります…

ここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入りますここに文章が入り